中学受験での算数はやっぱり過去問!

中学受験といえば初めての受験になるという方も多いと思います。昨今、算数が苦手という人も増えてきており、成人しても分数の掛け算や割り算が満足にできない、という人も少なからずいます。自分のためにも、お子さんのためにも中学受験を機会にしっかりと勉強されたほうがいいかともいます。

まず受験に向けての対策ですが、私の場合はまず過去問を片っ端から解いていきました。算数はやはり問題をたくさん解くことが最も重要だと思います。過去問をやっていくと似たような問題がかならず試験にでます。算数は解き方さえ分かっていればあとは数字を当てはめるだけで解けてしまうこともあります。問題集を買うこともオススメします。塾に通っているのならば塾で配られる問題を解くことで忙しいとおもしますが、自分に厳しく、家にいるときもつねに問題を解いているというくらい熱心にとりくめば必ず結果はついていきます。

最後に、中学受験は大きな目標ですがそれがゴールではないので気を付けてください。スタートラインへの準備を今やってるんだと思っていたほうがいいと思います。入学すれば自分と同じか、それ以上の成績の人しかいないので入学してからも勉強を怠らないようがんばってください。